スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2019の投稿を表示しています

Windows10の仮想メモリのドライブを変更する

前回に引き続き、Cドライブを整理して容量を増やしていきます。
今回は3GBくらいある「pagefile.sys」をCドライブから削除します。
そのためには仮想メモリのドライブを他のドライブに変更する必要があります。
というわけで、今回は仮想メモリのドライブを変更する方法を紹介します。

仮想メモリのドライブを変更する
仮想メモリのドライブを変更する手順は下記の通りです。

1.コントロールパネルを起動します。
※「control」で検索すれば、検索結果に表示されます。


2.「システムとセキュリティ」をクリックします。


3.「セキュリティとメンテナンス」をクリックします。


4.「システムの詳細設定」をクリックします。


5.「パフォーマンス」エリアにある「設定」ボタンをクリックします。


6.「詳細設定」タブをクリックして、「仮想メモリ」エリアにある「変更」ボタンをクリックします。


7.「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」チェックボックスのチェックを外します。


8.Cドライブを選択して、「ページングファイルなし」にチェックを入れ、「設定」ボタンをクリックします。
これでCドライブから仮想メモリファイルがなくなります。


9.仮想メモリを配置するドライブを選択して、「システム管理サイズ」にチェックを入れ、「設定」ボタンをクリックします。
これで指定のドライブに仮想メモリファイルが作成されます。


これで仮想メモリのドライブを変更することができました。

さいごに
だいぶCドライブが軽くなってきました。
でもこんなことになるならCドライブのSSDはケチらずに大容量にしておけば良かったです。

環境
Windows 10 Pro

参考サイト
Windows10でpagefile.sysとhiberfil.sysを削除する方法

WindowsでCドライブを圧迫しているhiberfil.sysを削除する

最近Cドライブの容量が不足気味なので整理することにしました。
そこで気になった「hiberfil.sys」というファイル。
パソコンを休止する前の状態を保存するファイルらしいのですが、これが5GBくらいありました。
今回はこの「hiberfil.sys」を削除する方法を紹介します。

「hiberfil.sys」を削除する
「hiberfil.sys」を削除する手順は下記の通りです。

1.コマンドプロンプトを検索して、「管理者として実行」をクリックします。
※cmdで検索すれば、コマンドプロンプトが検索結果に表示されます。


2.コマンドプロンプトに下記のコマンドを入力して、「Enter」を押します。

powercfg.exe -h off

あとは再起動をすれば、「hiberfil.sys」ファイルが削除されます。

※元に戻したい場合は下記のコマンドを実行します。

powercfg.exe -h on
さいごに
これでCドライブが少し軽くなりました。
が、まだまだ容量を減らせると思うので、色々調査していきます。

環境
Windows 10 Pro

参考サイト
Windows10でpagefile.sysとhiberfil.sysを削除する方法