「だれでも簡単&かわいく描ける!カモさんのボールペンイラスト」の感想

2019年11月14日  2020年6月16日 
「だれでも簡単&かわいく描ける!カモさんのボールペンイラスト」を読みました。

最近、私はイラストを描く勉強を始めました。
きっかけは自分が作成しているゲームのデザインを自分でできたら良いなと思ったことです。
やっぱりインディーズゲームって見た目が重要じゃないですか。
だからフリー素材やアセットストアで買ったイラストとかだとちょっと物足りないんですよね。
そこで自分好みの世界は自分で構築してやる!と思って、絵を勉強し始めたのです。

ただ今までの人生はずっと絵と無関係でした。
むしろ絵を描いている時間は無駄で、そんなことをやっているぐらいなら勉強した方がマシだと思っていたぐらいです。
そんな人間がいきなり絵を描こうと言うのですから、人生どう転ぶか分からないですね。

で、なにか参考になる本でもと探して出会ったのが、「だれでも簡単&かわいく描ける!カモさんのボールペンイラスト」です。
本の表紙のイラストがとてもかわいくて目を引いたので、すぐにkindle inlimitedでダウンロードしました。
こういうことがあるから表紙って重要ですね。
私も自分のゲームのアイコンはしっかり目を引くものを作ろう。

内容はほぼほぼ思ったとおりで、色んなイラストやその書き方が載っていました。
イラストはどれもかわいくてすぐに真似して描きたくなるものばかり。
お絵描きってこんなに楽しいんだってことを再認識させられました。

ところで、真似して描いていて分かったことが1つあります。
それは、こんな単純そうなイラストでもすごい絶妙なバランスでかわいさを保っていること。
丸の形が少し崩れたり、全体のバランスが少し悪かったりするだけですぐにかわいくなくなります。
なんという奥の深さ。
真似して描いてみて初めてカモさんのすごさが分かりました。

これから私もいっぱいイラストを描いて、カモさんみたいに自分の絵というものを確立していきたいです。
最後にこの本を読んで描いた私のイラストが下になります。
これからもっともっと勉強して上手に描けるように頑張ります。

ー記事をシェアするー
B!
タグ

コメント

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
yayao
Unityを使って、モバイルゲームを作っています。
人気の投稿