「ふたりはプリキュア」の感想

2019年12月17日  2020年10月3日 
今回はプリキュアにハマったきっかけ、ふたりはプリキュアの感想を書こうと思います。

私がプリキュアを見始めたきっかけはAmazonのprime videoで「ふたりはプリキュア」が無料になったことです。
作業中になんかアニメでも観ようかなと思って探してるところにちょうど知っているけど観たことがないタイトルが無料。
これは観るしかないですよね。
そんな感じでプリキュアと出会いました。
ちなみにプリキュアを観る前はプリパラにどハマリしていました。なので、プリキュアにハマるのも必然だったといえば必然だったのかもしれません。

そうやって「ふたりはプリキュア」を観始めたのですが、まあとにかくあのオープニングはヤバいですね。
あのオープニングのせいで、いやおかげで、プリキュアに夢中になりました。
「ふたりはプリキュア」のオープニング「DANZEN! ふたりはプリキュア」は、今聴いても最高としか言いようがないです。
覚えやすくて、ノリやすい歌に超カッコいい映像。
リアルタイムに観なかったことをすぐに後悔しました。
私が特に好きなところはブラックが爆発で吹っ飛びながら走っているところと鉄柱でキュアブラックとキュアホワイトのふたりが同時に顔をあげるところです。
いやぁ、本当に何回観ても最高ですね。
ちなみにエンディングの「ゲッチュウ! らぶらぶぅ?!」も歌詞がかわいくて好きです。最後の「チョコ食べまくる、くる、くる」は結構耳に残ります。

「ふたりはプリキュア」に登場するキュアブラックとキュアホワイト、どちらも好きなんですが、どちらかというとキュアブラックの方が好きです。
最初はホワイトの方がかわいくて好きだったんですが、観ているうちにだんだんブラックが魅力的に見えてきました。
ブラックの良さは動作がコミカルで力強い。
これに限ります。
とにかく動作のひとつひとつが目をひくんですよね。
例えばブラックが爆風に飛ばされて慌ててるシーンはかわいいし、大地を大きく踏みしめる姿なんて超カッコいい。
がに股で踏ん張るシーンも力強くていいですね。
ホワイトの可憐な動きも良いですが、私にとっては剛のブラックの動きの方が好きです。

あと「ふたりはプリキュア」の最大の売りは戦闘シーンじゃないでしょうか。
キュアホワイトが軽やかに舞い、キュアブラックが力で叩く、そんな二人の肉弾戦は何回見ても全然飽きません。
1話の戦闘シーンなんてもう何回見たことか。
個人的な意見になりますが、キュアホワイトのキョトン顔とキュアブラックの慌て方も戦闘シーンの見どころのひとつです。
どちらもかわい過ぎて目が離せないです。

まぁそんな感じで、最後にまとめると、とにかく最高の一言につきます。
世の中の女の子たちが「ふたりはプリキュア」に夢中になった理由がようやく分かりました。
これは夢中になってもしょうがないというしかないアニメでした。

ー記事をシェアするー
B!
タグ

コメント

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
yayao
Unityを使って、モバイルゲームを作っています。
人気の投稿