「F 8巻」の感想

2020年3月20日  2020年6月16日 
「F 8巻」を読みました。

ライバルの聖が決勝戦の最中に死んでしまいました。
しかし死者を表彰台に立たせるというのは美談なんですかね。
見ている側にとってはあんまり気持ち良いものではないのですが。
昔はこういうのが名シーンだったんでしょうか。

そしてレース後から唐突に過去編が始まりました。
最初は黒井の過去編かと思ったのですが、まさかの軍馬の父親でした。
でもこういう過去編を読むと、憎んでいたキャラでもつい感情移入してしまいますね。
我ながらなんとちょろいことか。

ここからどんな風に展開していくか気になります。

ー記事をシェアするー
B!
タグ

コメント

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
yayao
Unityを使って、モバイルゲームを作っています。
人気の投稿