「BADLAND」の感想

2020年4月29日  2020年6月16日 
Steamでプレイしたゲーム「BADLAND」の感想です。 「BADLAND」は変な生物をジャンプさせてゴールまで導くアクションゲームです。 Steamのリンクは下記になります。 https://store.steampowered.com/app/269670/BADLAND_Game_of_the_Year_Edition/ とにかくグラフィックが綺麗でした。 こういう雰囲気ゲーはやっぱり良いですね。 大好きです。 ゲームにとって良いデザインは必須ですね。 あとこのBADLANDに関してはレベルデザインも良くできています。 少し頑張ればクリアできる絶…

Using Python to Access Web Dataを受講しました。

2020年4月28日  2020年6月16日 
Courseraで「Using Python to Access Web Data」というコースを受講しました。

Pythonでxmlファイルを読み込む

2020年4月25日  2020年6月13日 
Pythonでxmlファイルを読み込む方法は下記の通りです。

「SUPER MEAT BOY」の感想

2020年4月22日  2020年6月16日 
Steamでプレイしたゲーム「SUPER MEAT BOY」の感想です。 「SUPER MEAT BOY」はさらわれた彼女を救出するアクションゲームです。 Steamのリンクは下記になります。 https://store.steampowered.com/app/40800/Super_Meat_Boy/ インディーズゲームのドキュメンタリー映画で知ったゲームです。 面白そうだったので、セール時に購入しました。 ストーリーもゲーム性も言ってしまえばマリオと同じでした。 ダークな世界観の激むずマリオって感じのゲームを想像してもらえば大体合ってます。 まだク…

Learning How to Learnを受講しました

2020年4月21日  2020年6月16日 
Courseraで「Learning How to Learn」というコースを受講しました。

「キングダム 57巻」の感想

2020年4月20日  2020年6月16日 
「キングダム 57巻」を読みました。 朱海平原の戦いもクライマックスですね。 どちらの本陣も危険な状態になっています。 それにしても飛信隊の仁淡兄弟は強すぎでしょう。 特に弟の淡。 遠距離攻撃でのあの威力はチート過ぎます。 弓矢で将軍を討ち取るってどれだけすごいのよ。 そしてついに来た対龐煖戦。 龐煖は羌瘣でも太刀打ちできないんですね。 そんな化け物に信は勝てるのでしょうか。 もし勝つとしたら、求道者が捨てた情が原因だったりするんでしょうか。 またすごいいいところで終わっちゃいました。 本当に次が待ち遠しいです。 ちなみに倉央の部下の糸凌が気になってい…

「マスタリングTCP/IP 入門編」の感想

2020年4月19日  2020年6月16日 
「マスタリングTCP/IP 入門編」を読み終わりました。 この本は本当に読んで良かったです。 ネットワーク関連は苦手意識があったのですが、この本の説明はすんなり入ってきました。 正直ネットワークの超入門書を読むなら、この本を読んだ方が分かりやすい気がします。 入門書って例えが分かりづらいことが多いんですよね。 この本のようにしっかり細かく書いてある方が理解しやすかったです。 この本はボリュームがすごくて、たくさんの用語や技術が網羅されています。 なので何回か読まないとしっかり理解することは難しそうです。 特に省略語なんて似たような名前が多くて全然覚えら…

「LIMBO」の感想

2020年4月18日  2020年6月16日 
Steamで初めて購入したゲーム「LIMBO」の感想です。 「LIMBO」はダークな世界観のアクションゲームです。 Steamのリンクは下記になります。 https://store.steampowered.com/app/48000/LIMBO/ プレイしてみた感想。 とにかく面白かった。 こういうゲームを遊ぶとレベルデザインの大切さを思い知らされます。 本当にちょうど良い難易度でした。 そこで気になるのは果たしてこのちょうど良さは私にってだけなのか。 それとも誰にとってもちょうど良い難易度なのか。 Steamでの評価の高さを見ると誰にとってもちょうど…

「キングダム 56巻」の感想

2020年4月18日  2020年6月16日 
「キングダム 56巻」を読みました。 戦闘中の王翦と李牧の対話が熱かったです。 そういえば王翦は以前も大馬鹿呼ばわりされたことがありましたね。 確か相手は廉頗でした。 王翦は自分のことを王様だと考えているんですよね。 誰よりも自分が偉いと思っているところをいつも馬鹿にされています。 ただ義がないにしろ、読みに関しては今の所無敵な感じがします。 李牧の方もこのままでは終わらないでしょう。 まだ何か隠しているような感じがします。 この戦いもいよいよクライマックス。 というか長すぎるので、そろそろ新しい場面に移ってほしいです。 最後に、久しぶりに王賁が活躍し…

「Poly Bridge」の感想

2020年4月17日  2020年6月16日 
Steamで「Poly Bridge」というゲームを購入しました。 「Poly Bridge」は川に橋を作って車を渡らせる物理パズルゲームです。 Steamのリンクは下記になります。 https://store.steampowered.com/app/367450/Poly_Bridge/ このゲームを購入した理由は、なんといってもデザインです。 ローポリの箱庭っぽいデザインがめちゃくちゃかわいいです。 こういうデザインって見ているだけで幸せになれますよね。 ただ肝心のゲーム性は私にとってはいまいちでした。 まずはルールが多くて覚えるのが面倒臭かったで…

shouldの使い方

2020年4月17日  2020年5月2日 
Shouldの使い方について勉強したので、まとめておきます。 You should do something it is a good thing to do or the right thing to do to give advice or to give an opinion You shouldn't do something it isn't a good thing to do You should have done something you didn't do it, but it would have been t…

「キングダム 55巻」の感想

2020年4月16日  2020年6月16日 
「キングダム 55巻」を読みました。 久しぶりに羌瘣が大活躍しました。 羌瘣が無双するシーンは気持ち良くて好きです。 ただ逆に龐煖が無双していると一気につまらなくなるのはなんでですかね。 単なる依怙贔屓なんでしょうね。 龐煖ってなんか苦手なんですよね。 他の将軍と比べて魅力がなさすぎるというか。 三国志の呂布をイメージするのですが、呂布の方が人間味溢れてて好きです。 一方信は趙峩龍を討ち取りました。 もう大将軍と読んでも過言じゃない活躍ぶりです。 ちなみにその過程で松左が戦死したのですが、これに関しては正直何も感じませんでした。 というかあそこまでクロ…

「F 28巻」の感想

2020年4月15日  2020年6月16日 
「F 28巻」を読みました。 今巻でついに完結です。 気になる点はいくつか残っていますが、まぁ大団円と言って良いと思います。 ただ最後にまさか軍馬がレーサーを辞めてしまうとは思いませんでした。 前巻で夢を諦めてしまうと子供に恨まれるって話してたのに。 レースをすること自体は軍馬の夢ではなかったということなんですかね。 最後に黒い影が総一郎になったことを考えると、父親を抜くことが軍馬の夢だったんでしょうね。 そう考えると軍馬の夢はすごく小さく感じます。 まぁ父親が偉大だったと考えるとそれほど小さくないのかも知れませんが。 ということは、レースって軍馬にと…

「F 27巻」の感想

2020年4月14日  2020年6月16日 
「F 27巻」を読みました。 今巻のテーマは生き方。 夢を追って死ぬか、もしくは愛する人とともに生きるか。 これはどちらが良いのか分かりませんね。 夢を追わなかったことを後悔して生きていくのも辛いですからね。 ところでなんで夢を追うことが死ぬことになるんだろう。 ジーザスが死ぬって予言したからなのかな。 ちょっと話についていけてません。 音也はすごい悪役になっちゃいましたね。 なんでこんなに落ちぶれちゃったのか。 これが実力以上の夢を持ってしまった者の末路なんですかね。 そして総一郎もついに死んでしまいました。 笠井さんいわく一流の生き方などなかったと…

「F 26巻」の感想

2020年4月14日  2020年6月16日 
「F 26巻」を読みました。 総一郎はボケちゃったっぽいですね。 将馬のことを自分の息子と認識してなさそうですし。 初期と比べて総一郎のキャラは大きく変わっちゃいましたね。 一方将馬の方は父親に初めて挑んだことで憑き物が落ちた感じがします。 これで前を向いて歩いていけそうですね。 これからは雄馬と組んで軍馬のライバルになるのでしょうか。 肝心の軍馬は子供ができたことを知って、レースで死ぬのをためらい出した感じがしますね。 ただ正直軍馬のキャラも変わりすぎていて、何を考えているのか私には掴みきれていません。 やっぱり死にたいって気持ちと子供のために生きた…

Python Data Structuresを受講しました

2020年4月14日  2020年6月16日 
Courseraで「Python Data Structures」というコースを受講しました。

「F 25巻」の感想

2020年4月10日  2020年6月16日 
「F 25巻」を読みました。 ついにタモツの新マシンが完成しました。 物理的なことは良く分からないけど、とにかく速そうです。 このマシンでF1に参戦するんですかね。 軍馬はレーサーとしてF1に初参戦。 成長したと思ったんですけど、F1のトップレーサーたちとは大きな差があるんですね。 軍馬を周回遅れにするなんてどんだけ化け物が揃ってるんだか。 ちなみにライバルと思しきジーザスはどうなっているんだろう。 F1で活躍できているんですかね。 そして久しぶりの総一郎が登場。 東南アジアで農業をやってるようですね。 それにしても有里はたくましいですね。 登場人物の…

「F 24巻」の感想

2020年4月10日  2020年6月16日 
「F 24巻」を読みました。 軍馬はレース中に死のうとしているんですね。 純子と結ばれたことによってピーボーのことが振り切れたと思ったのですが、そう簡単にはいかなかったんですね。 まぁ確かに軍馬の周りの人間は死にまくってるから、自分だけ幸せになるわけにはいかないって思い込んでるんでしょうね。 それにしても音也がなかなかいいキャラになりました。 ライバルにはなれそうにないけど、軍馬を必死に追う後輩って感じになってます。 それでもまぁ自力の差は歴然で、F1には参戦できないと思いますが。 最近面白く感じているのは将馬の心境の変化です。 有里のおかげで改心しそ…

「F 23巻」の感想

2020年4月10日  2020年6月16日 
「F 23巻」を読みました。 今巻はまたレースお預け状態です。 ピーボーの最後の言葉、結局何だったんですかね。 でも「いたい」から「会いたい」、「走りたい」に変わったシーンを見て、宮崎駿監督の「風立ちぬ」を思い出しました。 「風立ちぬ」の最後のシーンも「きて」だったのを「生きて」に変えたんですよね。 このロジックは面白いので、いつか自分の作品にも使ってみたいですね。 そしてついに軍馬と純子が結ばれました。 ここまでの道のりが長かったですね。 それにしてもこんな悲しい結ばれ方をするとは思ってもいませんでした。 もっと幸せな結ばれ方をしてほしかったです。 …

「F 22巻」の感想

2020年4月10日  2020年6月16日 
「F 22巻」を読みました。 今巻は前巻と打って変わって、いきなりレース漫画っぽくなりました。 軍馬は絶好調。 ピーボーの件が丸く収まってレースに集中できるようになった感じですね。 でも軍馬がレース中に見ている黒い影の正体が気になります。 ジーザスは無敵じゃないかと思っていたのですが、いつでも勝てるって訳じゃないんですね。 ただ未来が読めるだけでドライバー技術は高くないのかな。 そして音也。 ここでリタイヤですかね。 なんか覚醒しそうでしないなかなか中途半端なキャラでしたね。 最後にピーボーについて。 まさか死んじゃうとは思わなかったです。 軍馬の脇を…

「F 21巻」の感想

2020年4月10日  2020年6月16日 
「F 21巻」を読みました。 ついにタモツが新しいマシンを開発することになりました。 ようやくサブ主人公っぽくなってきました。 これからどんどん活躍してほしいです。 そして軍馬の元を訪れた総一郎。 二人の関係はなかなかいい感じになっていますね。 総一郎の憑き物が落ちたからなのか軍馬が大人になったからなのか。 ただ単に総一郎が老けただけなのかもしれないです。 あとピーボーがこのまま許されるのは少し納得いかないです。 まぁ子供だからしょうがないということなんでしょうか。 当事者たちが納得していれば周りがとやかく言うことでもないんですけど。 どうしてももやも…

「F 20巻」の感想

2020年4月10日  2020年6月16日 
「F 20巻」を読みました。 なんか好きじゃない展開が続きます。 まずはピーボーと純子について。 純子の対応にモヤモヤします。 なんでピーボーの母親になろうとするのか全く意図が読めません。 さらにピーボーと寝るとか胸くそ悪すぎる展開じゃないですか。 どうやったらこの話が丸く収まるのか全然読めません。 というかサコのときと同様に丸く収める気なんてなさそうですけどね。 そしてジーザス。 スポ根漫画の能力の行き着く先って、結構の確率で未来予知な気がします。 黒子のバスケもそんな感じだったし。 この展開もあんまり好きじゃないです。 最後に総一郎。 なんかキャラ…

「F 19巻」の感想

2020年4月6日  2020年6月16日 
「F 19巻」を読みました。 総一郎は完全に負けて、全てを失ってしまいましたね。 会社を追い出されて、選挙に負けて、もう抜け殻になってしまいました。 ここから再起することができるんですかね。 できれば復活してほしいんですけどね。 一方軍馬の方はイギリスへ。 ピーボーが荒ぶってますね。 まぁ子供の頃にあんな扱いされていたらグレますよね。 軍馬と和解できるんですかね。 そしてついにジーザスとの対決。 予知能力とか使ってるんですけど、どうやって勝つんですかね。 超能力的な展開は好きじゃないんですよね。 正直普通のレース漫画のままでいて欲しかったです。

「PPKP」の感想

2020年4月3日  2020年6月16日 
「PPKP」というゲームをプレイしたので、感想を書きます。 「PPKP」は下記のリンクからダウンロードすることができます。 PPKP - Google Play 結論から書いてしまうと、パンチとキックしかないシンプルなゲーム性だけど最高に面白かったです。 こういうシンプルなゲームでハマるかどうかはリアクションの良さが大きな一因だと思います。 その点でこのゲームのリアクションは文句なしでした。 コンボやカウンターが決まるとすごいアクションが繰り広げられてめちゃくちゃ気持ち良かったです。 私もゲームを作る上でこういうリアクションは大切にしなきゃと思い知らされ…

「F 18巻」の感想

2020年4月3日  2020年6月16日 
「F 18巻」を読みました。 サコがまさかの廃人エンド。 サコはかわいそう過ぎて見てられない。 もうこのまま救われないで終わるのかな。 悲しすぎる。 笠井さんもまさかの記憶喪失。 それにしてもこの殺し屋、詰めが甘すぎじゃない。 2回も失敗してるし。 あと有里が笠井さんの面倒を見てるのが意外なんだけど。 そして軍馬の父親、総一郎も大ピンチ。 でも笠井さんが無事って聞いただけで闘志がみなぎるところが格好良いね。 最後に軍馬について。 なんかやばいライバルが出てきたね。 こういう神っぽいライバルが出てくるとその漫画もそろそろ終わりだなーって感じがする。 超常…

「F 17巻」の感想

2020年4月2日  2020年6月16日 
「F 17巻」を読みました。 とにかくサコがかわいそうだった。 サコの周りは結局誰も報われませんでした。 ジョージも純粋にサコを愛していたのかと思ったけど、ずっとクズのままだったし。 こんな環境で育ったらピーボーも相当なワルになりそうです。 こういう救いのない結末はあんまり好きじゃないです。 軍馬の方はレースで事故ってレーサー生命が危うくなるほどの大怪我。 まあ漫画的に軍馬の引退はあり得ないと思っているので、こっちはそれほど心配してないですけど。 軍馬の父親周りも慌ただしくなってきました。 というか本当に典型的なサスペンスドラマそのままの展開。 それに…

「F 16巻」の感想

2020年4月1日  2020年6月16日 
「F 16巻」を読みました。 サコがやばいことになってました。 自暴自棄になっちゃったんだろうね。 でも立ち直って、ピーポーとともに軍馬の元を去ります。 まぁこの収まり方がみんなにとって都合が良かったのかもね。 正直サコはこの状態で歌を歌うことが幸せなのか分からないけど。 そして久しぶりのタモツ登場。 やっぱりタモツは軍馬にとって一番の理解者なんだね。 どう変わったかすぐに分かっちゃうもんね。 これからタッグを組んで活躍してほしいところです。 軍馬に敗北した山口音也はこれから化けそうな予感。 恐怖を知ったものが一流になれるといった感じでしょうか。 やっ…

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
yayao
Unityを使って、モバイルゲームを作っています。
人気の投稿