「F 21巻」の感想

2020年4月10日  2020年6月16日 
「F 21巻」を読みました。

ついにタモツが新しいマシンを開発することになりました。
ようやくサブ主人公っぽくなってきました。
これからどんどん活躍してほしいです。

そして軍馬の元を訪れた総一郎。
二人の関係はなかなかいい感じになっていますね。
総一郎の憑き物が落ちたからなのか軍馬が大人になったからなのか。
ただ単に総一郎が老けただけなのかもしれないです。

あとピーボーがこのまま許されるのは少し納得いかないです。
まぁ子供だからしょうがないということなんでしょうか。
当事者たちが納得していれば周りがとやかく言うことでもないんですけど。
どうしてももやもやしてしまいます。

ー記事をシェアするー
B!
タグ

コメント

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
yayao
Unityを使って、モバイルゲームを作っています。
人気の投稿