ChromebookにLinuxをインストールする

2020年7月15日  2020年10月3日 
Croutonを使用するとChromebookにLinuxをインストールすることができます。
Linuxベータ版があるから必要ないと思いつつも、切り替えが簡単にできそうだし便利かも知れないと思って試してみました。


Chromebookをデベロッパーモードで起動する

まずはChromebookをデベロッパーモードで起動します。
※デベロッパーモードで起動するとローカルデータは消去されるので、注意してください。

1.Chromebookの電源を落とした状態で、「esc」キー+「再読み込み」キーを同時に押しながら電源ボタンを押します。

2.「Chrome OSが存在しないか破損しています。復元用の USB メモリまたは SD カードを挿入してください。」というメッセージが表示されるので、「ctrl」キー+「D」キーを同時に押します。

3.「OSの確認機能をオフにするには Enter キーを押してください。システムが再起動し、ローカルデータは消去されます。」というメッセージが表示されるので、「Enter」キーを押します。

4.デベロッパーモードへの移行作業が完了するまで待ちます。

5.再起動後に「OSの確認機能はオフになっています」というメッセージが表示されるので、「ctrl」キー+「D」キーを同時に押します。

これでChromebookをデベロッパーモードで起動することができました。
あとはChromebookの初期設定を行います。

Croutonのインストール

次はCroutonのインストールを行います。
※最新のやり方は公式のGithubページを確認した方が良いです。

1.下記のサイトからCroutonをダウンロードします。

2.「Ctrl」キー+「Alt」キー+「T」キーを同時に押して、ターミナルを起動します。

3.ターミナルが表示されたら、下記のコマンドを実行しシェルを起動します。

shell

4.下記のコマンドを実行して、Croutonをインストールします。
※「~/Downloads/crouton」はダウンロードしたCroutonファイルの場所です。

sudo install -Dt /usr/local/bin -m 755 ~/Downloads/crouton

これでCroutonをインストールすることができました。

Linuxのインストール

最後にCroutonでLinuxをインストールします。

1.下記のコマンドを実行して、インストールできるLinuxのリストを確認します。

crouton -r list

2.下記のコマンドを実行して、Ubuntuをインストールします。

sudo crouton -t unity

3.インストールの途中でユーザー名とパスワードを入力します。

4.インストールが完了したら、下記のコマンドを実行してLinuxを立ち上げます。

sudo startunity

これでLinuxを起動することができました。

今後は下記の方法でOSを切り替えることができます。

「ChromeOS」へ移動:「Ctrl」キー+「Alt」キー+「戻る」キー
「Linux」へ移動:「Ctrl」キー+「Alt」キー+「進む」キー


ー記事をシェアするー
B!
タグ

コメント

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
yayao
Unityを使って、モバイルゲームを作っています。
人気の投稿