PythonでList Comprehensionを使用する

2020年7月10日  2020年10月3日 
PythonでListを使用してListを作成するとき、List Comprehensionを使用すると簡単に記述することができます。
今回はこのList Comprehensionの使い方を勉強します。


List Comprehensionの使い方

List Comprehensionは下記のように実装します。
for文をそのままlistのカッコで囲んだような構文です。
簡単で良いですね。
if文がある場合はそれをそのまま後ろに追加することができます。

#List Comprehensionを使用しない場合
list_a = []
for item in list_b:
    list_a.append(item)

#List Comprehensionを使用する場合
list_a = [item for item in list_b]

#List Comprehensionを使用しない場合(if文あり)
list_a = []
for item in list_b:
    if item > 3:
        list_a.append(item)

#List Comprehensionを使用する場合(if文あり)
list_a = [item for item in list_b if item > 3]

Dict Comprehensionの使い方

Listだけではなく、Dictionary型でも使用することができます。
使用方法は下記の通りです。
List型とほとんど変わらないですね。

#Dict Comprehensionを使用しない場合
dict_a = {}
for k,v in dict_b.items():
    dict_a[k] = v

#Dict Comprehensionを使用する場合
dict_a = {k:v for k,v in dict_b.items()}

#Dict Comprehensionを使用しない場合(if文あり)
dict_a = {}
for k,v in dict_b.items():
    if v > 3:
        dict_a[k] = v

#Dict Comprehensionを使用する場合(if文あり)
dict_a = {k:v for k,v in dict_b.items() if v > 3}

今後使えるところでは使っていきたいです。

環境

Windows 10 Pro
Python 3.8.2

ー記事をシェアするー
B!
タグ

コメント

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
yayao
Unityを使って、モバイルゲームを作っています。
人気の投稿