Pythonで関数の引数をList型やDictionary型にして渡す方法

2020年7月1日  2020年7月1日 
Pythonでは関数の引数をList型やDictionary型にしてそのまま渡すことができます。
意外と使う機会がありそうなのでメモしておきます。


List、Tuple型で引数を渡す方法


List、Tuple型を引数で渡すときに*をつけます。これでList、Tuple型が展開されて、引数として渡されます。

#呼び出す関数
def func1(args1, args2, args3):
    return args1 + args2 + args3

#呼び出し方
list = [1, 2, 3]
result1 = func1(*list)

Dictionary型で引数を渡す方法


Dictionary型を引数で渡すときに**をつけます。

#呼び出す関数
def func1(args1, args2, args3):
    return args1 + args2 + args3
 
#呼び出し方
dict = {'args1' : 1,
        'args2' : 2,
        'args3' : 3,}
result2 = func1(**dict)

かなり便利そう。

環境

Windows 10 Pro
Python 3.8.2


ー記事をシェアするー
B!
タグ

コメント

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
yayao
Unityを使って、モバイルゲームを作っています。
人気の投稿