Pythonでvenvを使って、仮想環境を作成する

2020年7月23日  2020年7月23日 
venvはPythonの標準機能として組み込まれている仮想環境作成モジュールです。
今回はこれを使って仮想環境を作る方法を勉強します。


venvを使って、仮想環境を作成する

下記の方法で仮想環境を作成することができます。

1.プロジェクトフォルダを作成します。

2.ターミナルを起動し、プロジェクトフォルダに移動します。

3.下記のコマンドを実行して、仮想環境を作成します。[venv_name]は仮想環境の名前なので、好きにつけることができます。

python3 -m venv ./[venv_name]

4.下記のコマンドを実行して、仮想環境を起動します。

source ./[venv_name]/bin/activate

以上で仮想環境を作って起動することができました。
仮想環境を停止する場合は下記のコマンドを実行します。

deactivate

仮想環境を削除する場合は、作成した仮想環境フォルダを削除すればOKです。

今まで色々なPythonの仮想環境ツールを触ってきましたが、venvは標準機能ということなのでこれからはvenvを使用していこうと思います。

環境

macOS Catalina
Python 3.8.4


ー記事をシェアするー
B!
タグ

コメント

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
yayao
Unityを使って、モバイルゲームを作っています。
人気の投稿