Linuxのタスクマネージャー「htop」を使ってみる

2020年8月30日  2020年10月3日 
Windowsでいうタスクマネージャーみたいな機能がLinuxにもあります。今回はそのタスクマネージャー「htop」について勉強しました。

htopのインストール

htopのインストール方法は他のパッケージと同じです。

sudo apt install htop

これでhtopをインストールすることができました。

htopの使い方

htopの使い方も簡単です。
ターミナルを起動して、下記のコマンドを実行するだけ。

sudo htop

※特に管理者権限で実行しなくても良いのですが、管理者の方がKillコマンドを使用できて便利です。

このコマンドを実行すると、下記のような画面が表示されます。

画面上部がCPUやメモリの資料率などで、下部が現在稼働中のプロセス一覧になります。
基本操作に関しては画面の一番下にあるコマンド一覧を見ればすぐに分かると思います。
よく使いそうなものだけピックアップします。

F2:設定画面。ここで設定を変更できます。
F5:プロセス一覧をツリー表示に変更できます。
F6:プロセス一覧の並び替えができます。
F9:プロセスをKillできます。
F10:htopを終了します。


「htop」はサーバーの状態が異常なときによく使いそうです。
操作も簡単なので、いざというときのために覚えておこうと思います。

環境

Ubuntu 18.04


ー記事をシェアするー
B!
タグ

コメント

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
yayao
Unityを使って、モバイルゲームを作っています。
人気の投稿