「ファイナルファンタジーXIII-2」の感想

2020年11月21日  2020年11月21日 
「ファイナルファンタジーXIII-2」をクリアしたので、感想を書こうと思います。
一言で表すならストーリーは面白かったけど不満もあるって感じです。

FF13の続編でライトニングの妹セラが主人公のお話です。
とにかくストーリーは面白かった。
もちろんFF13からの難解な設定は続いているんですが、これを理解していなくても十分楽しめました。
ハッピーエンドとは言えませんが、私的には全然あり。
まぁ正直救いはあって欲しかったですけどね。

あとグラフィックも素晴らしかったです。
特に世界観とモンスター。
人はやっぱりまだ表情が不気味な気がする。
それでも全然きれいで文句なしです。

お次は不満点。
とくに大きな不満はなかったです。
あえて挙げるなら、サブクエストがとにかく面倒くさかったこと。
とくにダディベアのクイズとパズルはやばかった。
これのおかげでフラグメントコンプは諦めました。

あとラスボス戦は少しイラついたかも。
あの復活システムってイラつくだけで面白くなかった。
撃破までとにかく時間がかかったし。
まぁこれもレベル上げして望めば良かっただけかもしれないけどね。

次はライトニングリターンズをプレイしたいですね。
ただセールまで待とうと思っているので、その間は積んであるキルラキルでもやろうかな。

ー記事をシェアするー
B!
タグ

コメント

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
yayao
Unityを使って、モバイルゲームを作っています。
人気の投稿